スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルコンピュータの強さとは

irevo777のブログを読んでくださりありがとうございます。

昨日ipadの予約をするための行列を見かけました。
家電量販店の開店前なのですが、長蛇の列です。
平日なのにこの混み具合は何なんだと正直思いました。転売目的の方もいらっしゃるのでしょうかね??本当に欲しい人のために転売目的の人は予約をしないで欲しいですよね。

アメリカでは販売1ヶ月で100万台売り上げているみたいなので、その人気を考えれば、行列が出来ても不思議ではないのかなぁと思います。

では何故アップルコンピュータのipadや、iphoneはここまで人気なったのでしょうか。

それはアップルコンピュータの独自性が強いからと言われています。
アップルコンピュータの独自性とは・・・
個人的には、デザインが一番大きいと思います。後は独自の機能や操作性がアップルの独自性になるのかなぁと思います。

ブランド展開方法もアップルコンピュータは独自性が強いかも知れないですね。日本経済新聞などによれば、デザインや品質で他に代替できない独自の地位を確立する事で、販売ルートを絞って高価格を維持できているシャネルや、エルメス等のトップブランド品にも通じると書かれています。

アップルコンピュータ自体が、ブランドになる。そのような感じでしょう。確かにそう考えるとそうかも知れないですね。

そこからまとめるとアップルの独自性は、デザイン、機能、操作性、そしてコンピュータメーカの高級ブランド化が独自性になります。

独自性を守るために、ネット通販(アマゾン等)の取り扱い中止したり、ipadでは無いですが、iphoneの第三者によるソフト開発でも品質維持を理由にし純正の開発ソフトの仕様を義務化したりして、消費者および、関連企業からの反発を買いかねない強気の施策が出来るのもアップルの絶好調な経営状況が裏付けているかも知れないですね。

日本経済新聞によれば3月までの1年間の売上高は日本円で4兆7千億円で年商3兆円弱のシャープを抜き、6兆4千億円の東芝と7兆円強を見込むソニーを射程圏内に入る規模になっている。またアイフォーンの人気で、1~3月期の売り上げが前年同月比49%増、純利益は90%増でまるで小さな新興企業のようなペースで急成長し続けているので、株式市場では成長期待が強く、時価総額が約20兆円と世界のハイテク企業で長年トップだったマイクロソフトの23兆円に迫る勢いがあります。因みに売り上げでは圧倒的に大きいパナソニックの時価総額は3兆2千億円でソニーも3兆円と遠く及ばない。そのような経営状況だからこそブランドを確立できる施策が出来るのかも知れませんね。



スポンサーサイト

tag : アイフォーン iphone アイパッド ipad アップル 行列

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サーバーのレンタルならここ!!
黒猫clock
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
☆☆パーティ等の企画に☆☆
同窓会、結婚式二次回などのパーティ等にいかがでしょうか



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。